【回顧】エルムステークス

エルムステークスの回顧を行っていきます!

1着◎タイムフライヤー

強い競馬でしたね。中段から4コーナーでは前を捕らえて早い上がりを使うという王道競馬で、ルメール騎手も上手く乗ってくれたと思います。データのどれをとっても完璧でしたから本命にしましたが、良かったと思います。ホープフルステークス以来の重賞制覇となりました。大きな目標はチャンピオンズカップでしょうか。ダートの1線級とやるとどうでしょうかね。対戦が楽しみになってきました。ルメール騎手継続騎乗なら心強いですが。

2着ウェスタールンド

この馬に印をつけることができませんでしたが、強かったですね。実況の人も言っていましたが、気付いたらもうタイムフライヤーの位置にいましたね。ほんとに鋭い良い脚を使えるタイプで、不発がありませんからすごいです。やはり基本的には前有利なダート戦で、これだけのキャリアなのですから抑えは必要ですね。直線が長くないと2~3着というケースは多そうです。

3着▲アナザートゥルース

考察でも書いた予想通り、2番手につける競馬をしてきましたね。58キロという斤量の中、好走しましたがやはりダートではあまり斤量を気にすることは必要なさそうです。鞍上もダートでは買える大野騎手で、兄のサウンドトゥルー同様長く活躍することを期待します。そうなると交流重賞がいいのかもしれませんね!

4着○ハイランドピーク

3年連続の好走とはなりませんでした。惜しかったですね。外枠から先行して、少し外を回しすぎたかもしれません。しかし得意な舞台で4着となんとか掲示板には載りましたが、ここ以外でこの馬を買うところはないように思えます。また来年お待ちしております。

7着エアスピネル

馬場が渋らないとダメなタイプで、人気馬の中では来ないだろうなと言う気がしていました。飛んでくれて良かったです。上がりが生きる重馬場くらいで再考したいです。

10着△リアンヴェリテ

やはり逃げの一手を打ちましたが、残れませんでしたね。重賞では好走できないのかもしれません。やはり重賞のプレッシャーというのは別物なのでしょうか。

ダートで復活を果たしたタイムフライヤーのためのレースだった印象です。ハーツクライ産駒ですから2歳時に走ったことが珍しかったのでしょうか。これからに注目ですね。

さて、今週から小倉開催となり3場での開催となります。小倉記念の登録馬で狙ってみたい馬を紹介します!

↓バナーをクリックいただき、紹介文にてご確認ください!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました