【回顧】キーンランドカップ

1着△エイティーンガール

最後方からの追走でしたが、ハイペースで差し有利になり、追い込みで勝利を上げました。馬場発表が重ということと、札幌の洋芝でしたが、時計のかかるレースがこの馬に向いた可能性があります。前走敗れましたが、人気に押されている馬でしたので力はありました。スプリンターズステークスが高速馬場だと厳しいでしょうね。

2着◎ライトオンキュー

ベストな競馬ができました。得意舞台で差し有利となればこの馬の出番で、軸にすることができました。重馬場もなんなくこなせていましたね。多少展開に左右することはありますが、しっかりと差してきますから、1200mでは関脇クラスでしょうかね。相撲はよく分かりませんが、、右回りのレースをメインにかいたいですね。

3着ディメンシオン

主戦は1600mでしたが、今回差し決着になったため、上手く決まりました。重賞で馬券になれるだけの力はある馬でしたが、今回の短距離戦で人気を落としていました。外枠ということも好走の要因であったと思います。今回が引退とのことですので、勇退となりそうです。

6着▲ビリーバー

追い込んでくる戦法ではなく、先行してきました。これはスタートを決めたためだと思いますが、今回は残念でした。印象としては時計のかかる馬場に強そうですので、高速馬場では少し疑いたいと思います。

15着○ダイアトニック

これは負けすぎましたね。重馬場がダメだったのでしょうか。軒並み内枠の馬には厳しいレースとなりましたが、にしても負けすぎですね。前走の快勝から人気になっていましたが、こういうこともあるのが競馬ですね。決して弱い馬ではないので、良馬場で見直したいですね。

さて、本命が2着に来てくれましたので、なんとか良かったです。

新潟記念で、今現在で狙いたい馬を紹介!

↓バナーをクリックいただき、紹介文にてご確認ください!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました