【回顧】小倉記念

1着アールスター

長岡騎手、重賞初制覇となりました。ケイティブレイブで好走したこともありましたから、力を付けてきてるのでしょうか。内枠で上手く足を溜めたことが好走に繋がりました。多少ペースが早かったですから、展開が向いたと言えばそれまでですが、立ち回りが上手い馬でした。これからも重賞で穴を開けることがありそうです。

2着サトノガーネット

前有利というすりこみが強かった小倉でしたが、上手く逆手にとって差しで好走してきました。やはり差し足は確実なものがありますから、コース形態うんぬんより、展開が向くかどうかがこの馬との付き合い方でしょうね。

3着アウトライアーズ

この馬も展開が向いた感がありまくりますね。スプリングステークスではウインブライトにつぐ2着となっていますが、古馬になってから初めて重賞で好走しました。ハンデ重賞で展開が向くかといった評定です。

5着◎ノーブルマーズ

先行に有利な展開になることと、一番という好枠から本命にしました。もう重賞で好走することはないでしょう。それほど、内で上手く立ち回ってこの着順ですから、能力的に厳しいでしょうね。

6着▲ランブリングアレー

前にいたノーブルマーズより、上がりが遅く、重賞はまだ敷居が高かったように思えます。外枠が影響したとも言い切れますので、内枠で再度見直したいですね。

予想、展開がまるで違ったものになりました。差し馬で決まった小倉記念。来年からもそういった状況になりやすいように思えます。やはり前に意識がいきすぎですね。騎手もファンも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました