【回顧】関屋記念

1着▲サトノアーサー

関屋記念は上がりの早い差し追い込みのディープ産駒と前で競馬ができるステイゴールド産駒を狙うレースです。今回きっちり馬券に差し足を伸ばして勝利。戸崎騎手も今年はケガで出遅れましたが、重賞制覇を遂げました。出遅れてなお、ミドルペースのレースでしたからそこまで展開は向きませんでしたが、よく追い込んで来ましたね。左回りのマイルは特に得意とするところでしょう。ちなみに33秒台の上がりを使えたのはこの馬だけでした。

2着トロワゼトワル

この馬はメンバー表が出た時に本命にしようと思いましたが、外枠なのでやめてしまいました。逃げ馬が外枠になった時はペースが早くなる傾向があるからです。ヴィクトリアマイルでも好走したように、得意な舞台でしたから9番人気も複勝も狙い目でしたね。改めて強い馬ですね。次回も人気になりそうなので残念です。

3着△アンドラステ

前につけられるオルフェーヴル産駒(父ステイゴールド)ですから舞台に適性があったと思います。前走重賞初挑戦で4着、今回は3着ですから重賞でもやれる力を付けてきたという印象です。この馬が1番人気というのは意外でしたね。クラスがあがるにつれて前に着けることが難しくなってきているのも懸念ポイントですが、相手関係を吟味して買いたいですね。

4着ミッキーブリランテ

あたりめで紹介した馬でした。岩田騎手騎乗で、得意のイン付きをしてきましたね。上がりが34.2ですからこれが精一杯でしょうか。雨が降ってもやれそうですので、覚えておきたいです。

15着◎プリモシーン

うーん。この着順は悔しいですね。スタートが良かったのですが、少し下げ、脚をためる方法をとりました。これは正解でしょう。しかし前が詰まると同時に伸びてきませんでした。斤量でしょうか。さすがに牝馬で56キロは重かったですかね。ムラがある馬で難しいです。もう一回向き合ってみたいですね。

残念ながらハズレの重賞となりました。狙うべき傾向は案外ハッキリしていますので来年は頑張ります。

さて、来週は札幌記念がありますね!夏競馬珍しいG2戦です!人気馬が強いレースでもありますが、人気薄で狙いたい馬を見つけました。

↓バナーをクリックいただき、紹介文にてご確認ください!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました