【検証】宝塚記念 上がり最速は誰か!?

6月28日、日曜日に行われる宝塚記念について「上がり3F」をキーワードに検証しました。

この「上がり3F」ですが、過去15年連続で最速を出した馬が馬券内に絡んでいるらしいのです。そこで過去5年の上がり最速馬をまとめました。

  1. 2015年 2着 6番デニムアンドルビー(父ディープインパクト)良馬場 上がり34,0
  2. 2016年 1着 9番ドゥラメンテ(父キングカメハメハ)稍重 上がり36,1
  3. 2017年 1着 11番サトノクラウン(父marju)稍重 上がり35,4
  4. 2017年 2着 2番ゴールドアクター(父スクリーンヒーロー)稍重 上がり35,4 2017年は2頭いました
  5. 2018年 2着 13番ワーザー(父tavistock) 稍重 上がり35,3
  6. 2019年 1着 12番リスグラシュー(父ハーツクライ)良馬場 上がり35,2

このデータから言えることは、外側の枠で、馬場が悪くなければサンデーサイレンス系、馬場が悪ければそれ以外のパワータイプの血統がいいということです。

土曜日の夜から朝まで、阪神では雨が降るようで、稍重と予想します。

そこで狙いたいのはこの馬!

↓バナーをクリックいただき、紹介文にて。

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました