【考察】アイビスサマーダッシュ 穴馬考察

枠順も決まり、本格的な予想を始めた方もいるでしょうか。アイビスサマーダッシュは基本的に人気馬が強いですが、人気薄も一頭は来るイメージです。本日は穴馬考察を行います!

【アユツリオヤジ】

前走初芝の福島1200mで大逃げを打ち3勝クラスを快勝しました。二着馬との差は0.8秒であり、並のパフォーマンスではなかったでしょう。好走理由としては、開催が進んで荒れた馬場になりダート馬のパワーが生きたということではないでしょうか。さらにはサウスヴィグラス産駒は、芝の重賞で馬券になったことはなく、穴馬としても狙いにくい存在です。

【ナランフレグ】

末脚特化型の追い込み馬で、それは新潟の千直でも戦法は変わりません。千直の舞台は二回走っていますが、上がりタイムが31.7、31.6とレベルの高い足を披露しています。(1着、5着)砂に適性が高いゴールドアリュール産駒ですが、千直成績は過去3年で1-1-0-10と決して最悪ではありません。あとは展開が決まるかでしょう。

【イベリス】

3歳時にはG3アーリントンカップを勝利すると、セントウルステークスでも3着に好走しました。それからスプリンターズステークス含む三戦をこなしていますが、いずれも二桁着順に落ち込んでいます。今回は舞台を替えて挑む一戦であり、千直への適性が問われることとなります。テンに早いタイプではありませんが、この舞台に適性があるロードカナロア産駒ですから一変も見込めます。

【レジーナフォルテ】

昨年のルミエールオータムダッシュでは今回人気のライオンボスを破りました。千直成績を2-1-1-4としており、鉄砲成績も1-1-0-1と上々です。気になるのは、杉原騎手から三浦騎手への乗り替わりです。杉原騎手と好走を繰り返して来ましたからこの乗り替わりはあまりプラスに働かない気がします。この部分をどう評価するかですね。

今回はご紹介できませんでしたが、枠順も発表され穴馬として面白い馬を発表しておきます!

↓バナーをクリックいただき、紹介文にてご確認ください!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました