【考察】エルムステークス 人気馬考察

本日はエルムステークス人気馬考察を行います。

【タイムフライヤー】

ホープフルステークスの勝ち馬ですからG1馬ということになりますが、その後のクラシックでは良いとこなしといったところで、ダートに勝負をうつし、早8戦目となりました。ちょうど去年のエルムステークスからダートに変更したのですね。その去年のエルムステークスは6着。前走のマリーンステークスでダート初勝利を上げエルムステークス再挑戦となります。前走は先行全滅のレースでしたが上がり最速を使っていて、2着馬とは3馬身差でした。これは上々と言えるでしょう。ある程度流れる展開で台頭してくるでしょう。

【ウェスタールンド】

前走アンタレスステークスで重賞初勝利を上げ、約4ヶ月ぶりのレースになります。チャンピオンズカップ2着もあり実績上位なのは間違いないでしょう。鉄砲成績も2-1-2-3とよく走っています。追い込んでくる脚質ですので、本質的には直線が長いコースの方が合いそうですね。直線の短い札幌だ追い込んでこれるかは微妙だと思います。

【エアスピネル】

前走プロキオンステークスでは一年の休み明け+初ダートという買いにくい条件の中、2着に好走。上手く差してきましたよね。少し雨が降って上がりがでやすくなった馬場も好走に一枚噛んでいると思います。馬場をひとつの目安に考えたほうがいいかもしれません。パサパサのダートなら改めて一度見送るのがいいかもしれません。

【アナザートゥルース】

アンタレスステークス2着からの臨戦です。こちらも鉄砲成績1-1-0-2と上々ですね。ダート実績は上位で重賞勝ちが2つあります。サウンドトゥルーの弟ですから強いのもうなずけますね。エアスピネルと同じく馬場がかなり影響してきそうで、重賞て良馬場の場合、好走はありません。やや重、重くらいで早い上がりを使えるタイプで、当日の状況を見極めたいです。

【ハイランドピーク】

リピーターがよく馬券になるエルムステークスで一昨年優勝、昨年2着とコンスタントにリピーターしています。間違いなくこの舞台にあっているため、ある程度人気になるでしょう。今年も去年と同じく大沼ステークスから、このレースに挑むことになりました。去年より斤量が重くなっての3着ですから、状態は悪くないでしょう。先行有利なら大崩れしないと思います。

このコースにおける騎手成績ではルメール騎手がダントツなのですが、種牡馬成績ナンバーワンを紹介します!これはあの馬に追い風が吹いているのでしょうか。

↓バナーをクリックいただき、紹介文にてご確認ください!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました