【考察】クイーンステークス データ考察(過去3年)

札幌開催2週目に移ります。はじめに行われる重賞はクイーンステークス(G3)ですね。牝馬限定の別定戦で芝1800mで行われます。

的中のヒントを探るため、過去3年のデータをまとめていきます。

着順馬番馬名斤量騎手人気前走着順(着差)
12アエロリット52横山典2NHKマイル1
21トーセンビクトリー55福永6マーメイドS9(0.7)
34クイーンズミラーグロ55藤岡康8マーメイドS2(0.1)
2017年
着順馬番馬名斤量騎手人気前走着順(着差)
19ディアドラ55ルメール1ドバイターフ3
25フロンテアクイーン55蛯名4中山牝馬S2(0.1)
32ソウルスターリング55北村宏2ヴィクトリアマイル7(0.4)
2018年
着順馬番馬名斤量騎手人気前走着順(着差)
113ミッキーチャーム56川田1ヴィクトリアマイル8(0.7)
26スカーレットカラー55岩田5マーメイドS3(0.1)
314カリビアンゴールド55柴山9五稜郭S2(0.0)
2019年

【考察】

『馬番』1番~7番 9頭中6頭

    8番~14番 9頭中3頭

今年はフルゲートの一戦になりそうですが、いずれにせよ内枠優勢か。

『人気』1~3人気 3-0-1-5

4~6人気 0-3-0-9

7~9人気 0-0-2-7

勝ち馬は1~3番人気からでしょうか。10番人気以下は馬券に絡めていませんので、極端な穴狙いは禁物です。

『前走』前走は重賞出走馬が好走しており、特に着差が0.7秒差以内の馬であれば評価を下げる必要はないでしょう。大敗からの巻き返しはきいていないので注意です。

以上のことからデータを取り上げてきましたが今のところ馬番をのぞくと該当馬は3頭でした。

↓バナーをクリックいただき、紹介文に載せていますのでご確認ください!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました