【考察】スプリンターズステークス データ

早いもので、今週開催からG1が開幕。第一番となるのは中山競馬芝1200mで行われるスプリンターズステークスとなります。

この夏競馬は例年以上に波乱決着が多く、夏競馬を終えマイナス収支になってしまった方も多いのではないでしょうか。京都競馬場改修のため例年通りの競馬場で行われなかったりと、難しいレースとなったことも大きな一因となりそうです。

では取り返していくため、スプリンターズステークスをしっかり攻略していきましょう。

着順馬番馬名騎手脚質人気前走前走着順
18レッドファルクスデムーロ差し1安田記念3スウェプトオーヴァーボード
22レッツゴードンキ岩田康差し5ヴィクトリアマイル11キングカメハメハ
36ワンスインナムーン石橋逃げ7opクラス新潟芝14001アドマイヤムーン
2017 16頭 良馬場
着順馬番馬名騎手脚質人気前走前走着順
18ファインニードル川田先行1セントウルS1アドマイヤムーン
29ラブカンプー和田先行11セントウルS2ショウナンカンプ
31ラインスピリット武豊先行13セントウルS5スウェプトオーヴァーボード
2018 16頭 やや重
着順馬番馬名騎手脚質人気前走前走着順
18タワーオブロンドンルメール差し2セントウルS1raven’s pass
27モズスーパーフレア松若逃げ3北九州記念4speigts town
32ダノンスマッシュ川田先行1キーンランドカップ1ロードカナロア
2019 16頭 良馬場

馬番:これはすぐに目に付きますが、一桁馬番の好走が目立ちます。人気薄も好走していることから、内枠には注目しなければなりません。

脚質:中山1200は、基本的に得意としている馬が何度も好走するようなリピーターの色が強いコースで、往々にしてリピーターは逃げ馬に多いです。

適性がある馬:モズスーパーフレア

前走:セントウルS組の好走が目立ちますが今年は阪神ではなく中京で行われました。基本的に形態が違うのでなんとも言えませんね。

一応今年のセントウルS好走:ダノンスマッシュ、メイショウグロッケ、ミスターメロディ

今年は前哨戦の条件が違うことが多く、参考にしづらい部分も多いですが、中山巧者を選ぶことが的中の鍵なのは間違いありません。

軸にしようと考えている馬を紹介!内枠を取ればさらに安心できますね。

↓バナーをクリックいただき、紹介文にてご確認ください!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました