【考察】プロキオンステークス 人気馬考察

いつもは中京競馬場で行われるダート重賞が、今年は阪神コースで行われます。人気馬を考察します!

【サクセスエナジー】

交流重賞への参戦、好走をするイメージで調子のムラがあるタイプだと感じています。近走はオープン、リステッドで連勝しています。昨年までプロキオンステークスには2回出場していますが、4着9着と馬券外。阪神コースに変わる今回は条件は良くなります。別定戦ですので、57キロで出ることができるのもポイントです。最近では番手につけての競馬ができるようになり、勝ちきっているのも強みになるでしょう。

【レッドルゼル】

11戦して馬券外は一度だけとかなり安定感があります。先行して早い上がりをつかえるタイプで、今回鞍上の川田騎手と手が合うのも分かりますね。重賞初挑戦で他メンバーも強力ですが、馬券内は無難に入ってきそうで複勝が売れそうですね。極端に前のこりだと危ないような気もするので、ペースの見極めが重要です。

【サンライズノヴァ】

昨年のマイルチャンピオンシップ(盛岡)で念願のG1制覇を決めた実績馬で、そのために59キロを背負っての参戦になりました。その後のG1の2戦でも3着と実績は最上位ですね。東京1600mがベスト舞台と思っていますので先行馬に有利な阪神1400mは展開の利が必要でしょうか。前が崩れるレースなら頭まであるでしょう。

【ラプタス】

芝のレースでは泣かず飛ばずでしたが、ダートに路線変更してからは連勝を重ね4連勝。東京コースでのバレンタインステークスでは1番人気ながら8着とオープンの壁に跳ね返されたとも思われましたが、交流重賞で2連勝と再度盛り返しています。これは単純に左回りが合わないパターンで大敗したケースと、連勝した重賞では展開がむいたケースが考えられます。黒船賞では今回人気のサクセスエナジーやワンダーリーデルを破っており、ここもすんなりハナをキレれば逃げ切りも可能でしょう。

【スマートダンディー】

誰がみても分かる阪神巧者ですね。阪神ダート1400mでは4-0-0-3となっており、着外のレースでも4着、4着、6着と大きく崩れていません。重馬場でも良く走っていて、足抜きの良い馬場もマイナスにはならなそうです。6才で重賞初挑戦となりますが、阪神1400mでの重賞がなかったため、今年はラッキーだと感じているでしょう。また特筆すべきは秋山騎手で4勝をあげており、前走は59キロの斤量が敗因と明確ですから、ここに狙いを定めているのは間違いない一頭です。

日曜日まで天気の移り変わりや、馬場の変化があると思いますが、今現在狙いたい馬はこちら!

↓バナーをクリックいただき、紹介文にてぜひご確認ください!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました