【考察】ラジオNIKKEI賞 人気馬考察

今週7月5日、日曜日に行われるラジオNIKKEI賞の人気馬について考察を行います。

早いもので、東京開催と宝塚記念が終わり、いわゆる夏競馬に入っていきます。

さて、ラジオNIKKEI賞は3才のハンデ重賞ということで、かなり難しそうですが見解を書きたいと思います。

【パラスアテナ】

ダートから芝替わりで、上がり最速を使い2連勝を決め、重賞にエントリーしてきました。福島、東京で勝ってきているあたりは自在性もあり良いですね。気になるのは、あまり人気馬がでていないとは言え、牝馬の活躍が少ないということ。ここ三年は牡馬で決まっています。

【ルリアン】

芝の2000から2200を使われてきており、新馬戦では重賞馬マイラプソディの0.1秒差の2着。その後阪神で2連勝してきました。同じ右回りで好走しているのは良いと思います。しかし、破ってきたメンバーが少し弱いように感じます。キズナ産駒で、福島自体はそんなに問題ではないでしょう。

【パンサラッサ】

G1ホープフルステークスで6着、弥生賞で9着と重賞経験がある馬です。特筆すべきなのは、京都の未勝利戦で、2,5秒差で勝利していること。その際はかなりの不良馬場でした。母父がモンジューという点からも馬場が渋ったほうが、期待度はあがるでしょう。

【グレイトオーサー】

東京で2連勝と、負けなしで迎える初重賞。母ディアデラノビアはドレッドノータスや、サンマルティンなど、オープンでも戦える馬を子供に持つ名牝。ここでも期待が高まります。しかしながら、東京コースでの好走は福島では決して良いとは言えず、兄弟達からもベスト舞台は京都のような気もします。

さて、人気になりそうな各馬をみてきましたが、小回り福島ということでやはり難解です。

その中でも一番安定感がありそうな馬を理由と共に紹介します。

↓バナーをクリックいただき、紹介文を確認ください!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました