【考察】七夕賞 人気馬考察

福島競馬場芝2000mで行われる名物ハンデ重賞で、一番荒れるとかよく言われていますね!今年はいったいどうなるでしょうか。人気馬を考察していきます!

【クレッシェンドラヴ】

言わずとしれた福島巧者で昨年の七夕賞は2着、福島記念では初重賞制覇をしています。スタイルとしては、道中は後ろにつけながら、マクリぎみで長く良い足を使っていくタイプ。どちらかと言えば淀みない流れの方が好走できると思います。斤量はトップハンデの57キロになりますが、陣営としてもここを狙ってきているでしょう。ステイゴールド産駒で相性もいいのですが、今回のレースでは確固たる逃げ馬がいないため、平均以下のペースに落ち着くと危険な人気馬になりそうです。

【ジナンボー】

重賞でも好走歴(新潟記念3着、小倉記念3着)があり、先行できる脚質なので、大崩れはしないタイプでしょう。外国人騎手ばかり使われてきており典型的な堀厩舎っぽさもあります。勝ったレースは東京3つ、中山1つで、小回りの福島はどうかという見方もできますが、小倉でも走れているので、そこまでの心配はなさそうです。前有利な馬場状態、展開なら軽視はできないでしょう。

【マイネルサーパス】

七夕賞と相性の良い前哨戦、福島民報杯の勝ち馬で、七夕賞にエントリーしてきました。昨年のラジオNIKKEI賞も2着と福島コースでは2-1-0-0と連対率100%です。国分騎手が乗ったときは2-0-0-0と勝率100%。データから言えば完璧なのですが、斤量の56.5kgが気になります。クレッシェンドラヴ、エアウィンザーの次に強いと思われてるということですね。渋った馬場なら評価をあげようと考えています。

【ブラヴァス】

名牝ヴィルシーナの子で、佐々木主浩オーナーと注目度が高くなりやすいタイプでしょう。こちらも先行して早い上がりを使える優等生タイプです。前走の新潟大賞典は初重賞挑戦ながら、4着と善戦しました。しかし福永騎手というのが福島ではあまりイメージがわきませんね。それもそのはず昨年も七夕賞の日にしか福島で乗っていませんでした。初福島コースということで難しいですが結局7.8番人気くらいになりそうです。

【ウインイクシード】

昨年の福島記念で重賞挑戦し、4着。十分に力を見せ、今年の中山金杯では2着となりました。重賞でも戦える力をつけているということでしょう。日経賞では8着に敗れましたが、適距離は2000m前後でしょうから、少し長すぎた印象です。本質的には中山がベストでしょうが、福島でもそこそこ戦えると感じます。横山武史騎手も福島で乗れていますね。これまた先行馬に有利な馬場なら、評価をあげたいと思います。

なかなかハンデ戦だけあり、割れた人気になりそうですね。

今回は福島芝2000mコースで絶対狙うべき脚質をご紹介します!

↓バナーをクリックいただき、紹介文にてご確認ください!

人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました