【考察】宝塚記念 人気馬

本日は6月28日に行われます、前半のグランプリ宝塚記念について考察します。阪神2200メートルという、特殊条件で行われる一戦。人気馬について考えていきます。

【サートゥルナーリア】

ルメール騎手騎乗の場合は3-0-0-0と完勝。陣営も仕上げの良さをアピールしています。しかしまず気になるのはロードカナロア産駒の成績です。アーモンドアイと本馬をのぞき、2000m以上のレースで勝利は、ありません。さらにはG1以外の重賞で戦ってきた相手が弱いこと。上記の理由から、安心して買える一番人気ではないと思います。

【ラッキーライラック】

前走大阪杯を勝利し、充実一途の牝馬。昨年の秋から海外含め5戦。馬券内を外していません。20キロほど馬体重を増やし成長、まさに充実期を迎えています。コース形態を考えても多少パワーがいる場面もベター。大きなマイナスがない一頭だと考えます。

【クロノジェネシス】

安定感がある牝馬で、毎回重賞レースで好勝負を演じています。それというのも好位置で立ち回れるタイプだからであり、多少パワーがいるコースが得意とも感じます。枠が少し外になってしまったことがどうかですが大きく崩れることはないと思います。

【ブラストワンピース】

3歳時に年末のグランプリ有馬記念を制してG1馬の仲間入りを果たしました。それ以降のG1には、凱旋門賞含む3回挑戦しましたが、どれも馬券外。見せ場をつくることができていません。言い換えれば57キロを背負ってG1で好走できていませんので、そういった力量であると言えるでしょう。

以上人気馬の考察をしてきましたが、人気馬の中でも危険な要素がある馬もいて、中穴くらいが飛び込んでくる可能性もあると言えます。本予想は日曜日に公開予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました