帝王賞 予想 

本日は大井競馬場で行われるダート交流重賞G1の帝王賞の予想と、買い目を公開していきます!

例年にもれず、豪華メンバーが揃った大井2000m。さっそく予想を発表します。

◎オメガパフューム

大井2000mの成績が3-1-0-0と連対率100パーセント。このコースへの適性が高いのは言うまでもなく、前走平安ステークスも59キロの斤量をせおいながら、結果をだしてきました。昨年と同じステップで、狙いはここ。ということで、この馬は本命とします。

○チュウワウィザード

地方成績4-1-0-0と、中央より深い砂があうタイプで、脚質的に前でレースを進められるのもポイント。ドバイへの空輸送が少し心配だが、ルメール騎手を確保しての本レースは勝負とみました。

▲ルヴァンスレーヴ

長期休養をとった古豪だが、前走のかしわ記念では4コーナーでバテてしまい見せ場なし。一度叩いてここが勝負なら、あっさり勝ってもおかしくないほど。それくらい当時は力が抜けていた。鞍上は昨年の勝利ジョッキー、レーン騎手で大丈夫でしょう。

△クリソベリル

G1を2勝を含むダート6連勝は見事で、さすがに抑えなければいけない存在。しかし、それほど早い時計を持っていなく川田騎手も最近は乗れていないため、この評価に。

△ケイティブレイブ

3年前の覇者で、最近は人気を落としているが、フェブラリーステークス2着、かしわ記念2着と相手なりに走れている。長岡騎手にも注目。

△ノンコノユメ

8才をむかえたセン馬ですが、多少ずぶくなってきており、この舞台は最適かと思います。昨年暮れの東京大賞典では、オメガパフュームの0.2秒差と僅差でした。

買い目

三連複フォーメーション

◎○▲ー◎○▲ー◎○▲△△△

 10点

三連単フォーメーション

◎○▲ー◎○▲ー◎○▲△△△

24点

コメント

タイトルとURLをコピーしました